青色図書館2

本を読んだり 写真を撮ったり 旅に出たり 何かを作ったり 日々のあれこれをぽつぽつ綴ります

2011年01月

今年の墨心展は、枕草子の中の一節を書かせていただきました。 高校の受験勉強の中、 このくだりを問題で読んで、勉強と関係なく胸を打たれました。 この感動は今も変わらず心に残っています。 第百三十六段、宿下がりしていた納言の元へ、 中宮定子から山吹の花へ書き …

↑このページのトップヘ