青色図書館2

本を読んだり 写真を撮ったり 旅に出たり 何かを作ったり 日々のあれこれをぽつぽつ綴ります

2012年02月

梨木香歩さんの「渡りの足跡」の中に、 この言葉が優しく温もりある音色を響かせていた。 「辺りを彩る鄙びて優しい色彩の植生」 梨木香歩著「渡りの足跡」p.47より抜粋 この「鄙びた」という言葉の持つ悪い印象が、 最近たびたび気になっていたのだった。 そんなところ …

↑このページのトップヘ