暮れ時の空は、空の走馬灯のように鮮やかな色を映し出す。
何色もの色が、瞬くように壮大なキャンパスを染めては消えていく。

「ハウルの動く城」で流れては消えていく星を憐れみ、
その身に星を宿してカルシファーを生んだハウル。

あの、星たちが水面に砕けては散っていく哀しく美しい音と映像。

完璧な作品は、時に完璧なタイミングで脳裏によみがえる。


にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
Thank you for coming!