f19f562d.jpg


今年の浜松まつりは二年ぶりの開催!

そう、昨年は震災の影響で自粛となったのでした。

はじけられなかった浜松っ子たちにとって、
二年ぶりの開催は待ちに待った大イベント。

みんなの願いがかなってか、
浜松地方は予報を覆し良い天候に恵まれました^^

上の写真は浜松市の市街地、鍛治町通り。
「御殿屋台」と呼ばれる通称屋台の引き回しが行われています。

かなりの数の町が参加するので、屋台は渋滞。
その中を、練りの衆がラッパの音を響かせ通り過ぎたり。

a92233ff.jpg


ぶれてますが、観客の多さが分かってもらえるかな?
という一枚。

85b95a5f.jpg


ちょうど脇を通っていた池町の屋台を撮らせてもらいました。
鍛治町から一つ中に折れた道で、観客もまばらでラッキー。

38c9c115.jpg


中の太鼓や笛、お囃子は子供たち。
この時期になると、みんな公民館に集って遅くまで練習しています。


と、ここまで書いてきましたが、
私の家は以前から書いているように山の方なのです。
残念ながら住んでいる地区に屋台はありません。
父が東京出身で昔から祭にも興味がなかった影響で、
私たち家族は凧場にも足を運んだことがありませんでした。

でも、さすがに高校時代は街中の友人の町に顔を出し、
浜松の祭魂を味わったものです。

凧場と御殿屋台の動画を配信していたので掲載。
私も凧場の様子を見るのはほぼ初めてだったので驚きました。
うわ~ってみんなが団子状態になってやっているのが、
「激練り」と呼ばれる浜松独自のスタイルです。




4日が天気が良かったので、
屋台引き回しの前に吹奏楽パレードも開催されました。
これに弟も企業の吹奏楽団として参加したのですが、
ちょっと長藤観覧が押してしまって間に合いませんでした^^;

まつりはいよいよ明日フィナーレを迎えます


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
Thank you for coming!