金環日食、皆さんご覧になれましたか?

浜松市で金環日食が拝めるのは900年以上ぶりとか。
この絶好のチャンス、
何と奇跡的に金環になる時間帯、浜松上空に晴れ間が!

明け方は雲が厚く垂れこめていて、
半ば諦めモードで1時間近く早く家を出て会社に向かった私。

道中、急に強い太陽の光が差し始め、
信号中に観察メガネ越しに見てみると、欠けている!!
大興奮で会社へと急いだのでした。




日食がだいぶ進んだところ。
この辺りで会社に到着し、慌ててカメラをかまえました。


eab92fa0.jpg


金環日食の瞬間です。
カメラのレンズに重ねて使用OKの観察メガネを当てて、
三脚なしで撮影した写真。
なので二重にリングがぶれていますがそこはご愛嬌で^^;

リングになった瞬間は本当に美しく感動的で、
こんな機会を頂けたことに嬉しくありがたい気持ち。




リングは消え、月の影がどんどん立ち去ろうとしています。

食自体はとても長時間なんですが、金環の時間の短いこと!
全体のバランスとして、もうちょっと長くても良いような気が^^;

今年は未曽有の天体ショーの年ということで、
まだまだ楽しい天文観測が出来るみたいですね。
せっかくなので、私もなるべく参加してみたいと思っています。


私と同様、天文と歴史の絡みに興味がある方へ。
神戸新聞のWEBサイト、5月19日の記事がとても面白かったです。

金環日食、いにしえの人たちは 近代以降は庶民歓迎?

歴史的文献に記された日食の様子から、明治時代の錦絵まで。
日本人が日食とどのように関わってきたかが簡単にまとめられています。


そして、美しい写真に興味がある方へ。
私のおポンチなのと違い、
素晴らしい写真がツイッター上で公開されました。

宇宙飛行士、野口聡一さんのツイッターより

The Moon Age Calenderの管理人、lunasysさんのツイッターより


自分の目で見る幸せに加え、
素晴らしい映像を共有できる世の中、素敵ですね。

今日はすっかり寝不足ですが、良い夢が見られそうです^^


にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
Thank you for coming!