ff79aa47.jpg

せっかく袋井まで行ったので、可睡斎のひなまつりを見に寄りました。

ひなまつりの前に詣でたのが、本堂とその奥に鎮座する御真殿。

可睡斎自体は曹洞宗のお寺ですが、
明治六年に秋葉三尺坊大権現様の御真躰が秋葉山から遷座されたとのこと。
以来、日本唯一の御真躰をお祀する火防霊場として今日に至っているそうです。

昨日は青空がくっきり、白い旗も美しく映えていました。

31e0c5f4.jpg

御真殿への階段の両脇に鎮座する烏天狗。
カッコイイ!!

正面に向かって左の天狗様。

aae7c93d.jpg

向かって右の天狗様。

c2212c75.jpg

中に入ると、たくさんの天狗がズラリ。

57c642ac.jpg

左の黒い方は、天狗というより河童のような・・・?

128558fe.jpg

入り口の屋根には、立派な龍の彫り物が見られます。

上は、正面に向かって左側の龍。

19707ce9.jpg

そして、上は向かって右側の龍です。

9c07d574.jpg

階段を下りてすぐ左手(正面に向かうと右手)にある大黒殿。

8115057c.jpg

ここから下2枚はお寺の方の写真です。

上は、可睡斎輪蔵堂と呼ばれている中の輪蔵。

中には経典がぎっしり納められていて、
時計回りに回すとその経典をすべて読んだのと同じご利益が得られるという
マニ車と同じような仏教の経蔵です。

中が狭くて全容を写せませんでしたが、
なかなか大きいもので、一人で回すにはけっこう力が必要でした。

62d47237.jpg

山名の「萬松山(ばんしょうざん)」の文字が美しい山門。


可睡斎
住所:静岡県袋井市久能2915-1
電話:0538-42-2121(代)
駐車場:可睡斎の中に駐車場があります
外の有料駐車場に何となく停めてしまいがちですが、
中の駐車場も参拝・拝観のみでも利用できます!
中は狭くて停めずらいということもありますが、
駐車場の呼び込みに負けずに是非利用してみてください



Thank you for coming!