8f85071e.jpg

その2は、お人形番外編と、その他の展示品を中心に。

一枚目は、珍しい立ち雛。

お顔も何か話をしているような雰囲気。


f6447b2b.jpg

可愛らしい童たち。

火鉢で暖をとる姿が愛らしいです。


268f6f85.jpg

2000体のさるぼぼコーナー。

色も鮮やかで、華やかな一室でした。


ca15ab72.jpg

吊るし雛の体で、ふくろうや縁起物も吊るされていました。


 37bd147a.jpg

傘も素敵ですよね。


b00d48dd.jpg

こちらは、2月から始まった連鶴折り紙展。

一枚の繋がった紙で、こんなにいっぱいの鶴が折られています!


9f58b9e3.jpg

小さな鶴が入った毬の吊るしも素敵でした。


c01f39ac.jpg

こちらは、室内ぼたん園の様子。

ぼたんって、造花と見まごうばかりの大ぶりな花弁が美しい花です。


a9e21e10.jpg

花びらも葉も、ともすれば乾いた質感のため、
よけいに造花っぽく見えるのかもしれません。


491a7a7c.jpg

いろんなものを満喫でき、
久しぶりにのんびり観賞する時間が楽しめました。


可睡斎ひなまつり、今年は4月3日(火)まで。
この時期は、ご朱印もひなまつりバージョンがいただけます。



Thank you for coming!