154b5734.jpg


2018年は、2月6日(火)から11日(日)まで開催していました。

今回の題材は、ズバリ「般若心経」。

毎年、その年に心に残ったことを題材に選んでいますが、

去年は筆ペンで理解も浅いのに般若心経を何枚も書き、

友だちとの京都旅行でも両足院で写経を楽しみました。

そんな思い出から、習字を始めた頃から憧れていた、「紺地に金墨」

その夢を実現することが出来ました。

※2月の展示ですが、いつも年末から年始に向け書き上げています


いわゆる「写経」と違い、

この紙は下にお手本を置いて写すことは出来ないため、

お手本を真横に置きながら、慎重に一字一字、心を込めて書きました。

週一のお稽古一時間半ほどで5行くらいが限度なので、

二枚仕上げるのに2か月弱。

かなり集中して楽しく書くことが出来ました。


でもごめんなさい。

本当に字面だけで、内容全く分かっていません

読経したことも数回ほど・・・

今後頑張りますです。


この写経用の紙は、一枚800円程もします。

罫線が引いてあって、美しい紺色と紫色の二種類。

とりあえず一枚ずつしか購入していなかったので緊張しましたが、

なんとか誤字脱字せずに書き終えることが出来ました!


結局、作品として提出したものは下の紫色の方。

額装してもらいましたが、

地味な仕上がりで、アクリルの覆いに反射してうまく撮影できず。

出品前の状態を載せることにしました。

お習字教室の子どもたちが汚したカーペットがいい味出してます(笑)


ご高覧賜った皆さま、ありがとうございました

次回もまた頑張ります!



Thank you for coming!